大切な家族だから、 体にいいものを食べさせたい。

栄養へのこだわり

「大切な家族だから、 体にいいものを食べさせたい」

犬や猫は私たちの大切な家族です。私たちの活動はすべてこの基本に基づいています。私たちが目指すものは、最も健康的なペットフードを作ること。なぜなら健康的な犬・猫はより幸せで、幸せな犬・猫のパパやママは、やはりとても幸せだからです。その想いが、私たちが作る製品のひとつひとつに詰まっています。

BLUEペットフードの原材料

BLUE(ブルー)のペットフードは、高品質の自然な食材をバランスよく配合して作り上げています。おいしくて高品質な原材料、そして必要不可欠なビタミン・ミネラル・抗酸化栄養素が私たちの製品の基本になっています。犬用、猫用、それぞれの成長段階や体重、好みの味や食事の与え方のチョイスに合わせた特別な組成(フォーミュラ)を作っています。

私たち人間と同様、犬や猫にも6大栄養素のバランスを考えた食事が必要です:

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

これらが犬や猫のエネルギー、成長、健康に欠かせません。

これらの栄養素をどこから抽出しているか、原材料の品質も重要です。例えば、高品質の鶏肉のタンパク質は鶏または家禽副産物ミールよりも上質です。また鶏肉由来の脂肪は一般的な「動物性脂肪」よりも高品質な必須脂肪酸の宝庫として知られています。こういったわずかな違いによって、ペットフードブランドの使う原材料が本当に健康的であるかどうかが決まってくるのです。

高品質のタンパク源

タンパク質は細胞、組織、内臓、酵素、ホルモンそして抗体を作る基本の構成要素で、成長、健康維持、回復期そしてエネルギー供給に欠かせません。

タンパク質は様々な食材から摂取することができます。鶏肉、ラム肉、ターキー、ビーフ、魚、卵などの動物性タンパク質にはあらゆるアミノ酸が含まれています。つまり、これらには愛犬や愛猫が必要とする様々なアミノ酸が含まれているのです。

骨抜き鶏肉やラム肉、魚肉など、BLUE(ブルー製品)のレシピは常に高品質のタンパク質から始まります。

中には家禽副産物ミールのタンパク質を使ったペットフードブランドもあります。さらにひどくなると、コーンやコーングルテンミール、大豆や大豆ミールを使用しているブランドもあります。BLUE(ブルー製品)は違います。

脂肪

脂肪はエネルギーを最も濃縮して保有する栄養素であり、脂肪からは、タンパク質や炭水化物の2倍以上のエネルギーを摂取することができます。また脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・Eの吸収や利用にも必要です。脂肪は脂肪酸を供給し、他の栄養素とともに皮膚や被毛の健康をサポートし、さらに脂肪酸には炎症の軽減を助けるタイプのものもあります。

BLUE(ブルー製品)は、ひまわり油やキャノーラ油、亜麻仁などの栄養価を考慮した植物油や、ニシンやサーモンなどの上質な魚油といった高品質の脂肪源を使っています。鶏由来の脂肪も重要な原材料となっています。

BLUE(ブルー製品)に切り替えて気がつく、大きな変化の一つが毛並みです。愛犬や愛猫の毛にツヤと柔らかな質感が生まれてくるでしょう。これは、BLUE(ブルー製品)に含まれる高品質なタンパク質と油脂のバランスの良い配合によるものです。

炭水化物

炭水化物は犬や猫の主要なエネルギー源です。玄米、大麦、オーツといった全粒穀物は低脂肪で、しかも高消化率の複合炭水化物を含む優れた食材です。

また全粒穀物には可溶性・不溶性いずれの食物繊維も豊富に含まれ、健康な腸内環境の維持にも欠かせません。

BLUE(ブルー製品)が使うのは上質な全粒穀物のみです。安価で栄養価の低い「加工」された穀物類は使用しません。そしてコーン、小麦、大豆も一切使っていません。これらはペットのアレルギーとも関連があると考えられています。

栄養価を考慮した野菜や果物

野菜や果物は植物由来の栄養素、抗酸化栄養素そして酵素を供給します。健康や元気な毎日を促進する天然のビタミン、ミネラルそして食物繊維も豊富に含まれています。

高品質なドッグフードやキャットフードには、主要なビタミンが豊富な果物や野菜が使われています。例えば豆、じゃがいも、にんじんはビタミンAが豊富に含まれ、ブルーベリーは良質なビタミンCを豊富に含みます。

ビタミンとミネラル

ビタミンとミネラルは、犬・猫が本来備えている酵素とともに機能し、消化、再生、そして筋肉と骨の成長を促進します。また健康的な皮膚と美しい毛艶、本来の免疫力のサポートにも欠かせません。

ビタミンのサプリメントは一般的な原材料で、最高品質のドッグフードやキャットフードにはよく含まれています。BLUE(ブルー製品)にはマンガン・鉄分・カリウム・銅・カルシウム・ リンといったペットに必要なミネラルも含まれています。

犬猫はミネラルの吸収が難しいため、普段の食事の中に「キレート」型のミネラル類が配合されていることはとても大切です。キレートミネラルは吸収されやすいアミノ酸と結合した状態であるため、ペットの血液中に容易に入り込みます。BLUE(ブルー製品)にも配合しているキレートミネラルは、一般的な無機酸ミネラルに比べ最大4倍の吸収効率になっています。

独自開発のライフソースビッツ

BLUE(ブルー製品)の大きな特徴は、独自開発したライフソースビッツを使用している点にあります。

ビタミンやミネラルを他の原材料と一緒に高熱製造すると、この工程で、ビタミンCといった貴重な抗酸化栄養素の栄養価が最大75%も落ちてしまいます。「コールドプロセス製法」で作られたライフソースビッツは、栄養価の損失が少なく、

米国の獣医師と動物栄養士が選んだ抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルがバランスよく豊富に含まれています。これらの原材料が愛犬や愛猫の本来の免疫力維持を助け、それぞれの成長段階で必要なサポートを提供し、健康的な酸化バランスを保ちます。

BLUE(ブルー製品)で使われていない原材料と理由

BLUE(ブルー製品)に使われている高品質な原材料が、健康的なペットフードの基本です。私たち原材料を選別したのには理由があります。

鶏や家禽の副産物ミール

米国飼料検査官協会(AAFCO)が2009年に発行した出版物に記載されている鶏や家禽の副産物ミールの定義は、

「鶏や家禽の副産物ミールとは、鶏肉などの加工過程で余った首・足・卵巣(卵のもと)・腸など、屠殺された鶏の羽根以外の汚れていないきれいな部分を挽いたり、油脂を分離したりして加工を施したもの」製品ラベルに「鶏の副産物ミール」などといった表記がある場合、それはこの加工法を経た原材料であることと同義である」

BLUE 私たちは、低コスト重視の考え方ではなく、こだわりの素材を使用しています。 は副産物ミールではなく、鶏肉や家禽の正肉から作った「チキンミール」や「ターキーミール」を使っています。

コーン・小麦・大豆たんぱく(グルテン)

これらすべてはタンパク質源としては(アミノ酸バランスに)偏りがあります。またペットのアレルギーの原因となることがあります。穀物のタンパク質は犬や猫に必要なアミノ酸を完全には含んでおらず、 動物性タンパク質に比べて消化率は高くありません。高品質な肉・鶏肉・魚肉を使うことで、より完全なアミノ酸バランスが達成できます。

合成着色料、合成香料、合成保存料不使用

BHA、BHT、エトキシキン、プロピレングリコールといった合成保存料には栄養価がありません。BLUEは自然派の酸化防止剤のみ使用しています。

ブルーバッファローのこだわりをご理解いただけたでしょうか。