ブルーバッファロー 大切な家族だから、 体にいいものを食べさせたい。

猫用キャリーケースの選び方

ワンちゃんを車に乗せるのは簡単ですが、ねこちゃんの場合は少々大変です。子犬は車のドアを開けたとたんに飛び乗りたがりますが、子猫は車を少し警戒します。 

ねこちゃんを何とか車の中に入れても、走り出すとおびえて暴れたりしてしまうので、ペットペアレンツとねこちゃんだけでなく、他の車にも危険を及ぼしかねません。

猫を車に乗せるときは、猫用のキャリーケースを使うのが一番安全です。車で移動するときだけでなく、飛行機や電車、また、歩いて病院に連れて行くときにも、猫用キャリーケースはとても便利なアイテムです。

キャリーケースなら何でもいいというわけではありません。とくに、病院に連れて行くときには、お出かけを怖がらせないようにしたいですよね。お出かけがなるべく楽しくなるように、ねこちゃんにとって安全で安心できるキャリーケースを見つけてあげることが大切です。ここでは、一般的な猫用キャリーケースを3つのタイプに分けて、ご紹介します。

キャリーバッグ(ソフトタイプのキャリーケース)

このタイプは持ち運びやすく、ショルダーストラップ付きなら猫を運ぶ際にも便利です。ソフトタイプの多くは布で出来ており、かさばらないため、使わないときにしまうのも簡単です。ジッパーがたくさんついているものが多いので、猫が隅っこに引っ込んでしまっても出しやすいでしょう。ただし、プラスチックに比べて強度が弱いため、体重が重い猫には不向きです。両手がふさがらないリュック型のバッグも人気です。 

 

スーツケース型のキャリーケース(ハードタイプ)

キャスター付きのスーツケースのようなキャリーで、メッシュの部分を通して外の様子が見えます。体が大きいねこちゃんには、このタイプのキャリーケースがおすすめです。ソフトな材質で、底はしっかりしたつくりになっており、ゆったりしたスペースがあるものが多いのが特徴です。このタイプは幅広になりがちです。大きすぎると困る場合は別のタイプのキャリーがよいでしょう。

プラスチックのキャリーケース

クレートタイプとも呼ばれ、一番よく使われている、一般的なキャリーケースです。スペースも広く丈夫にできているため、緊急時や災害時に、猫の寝床としても活用できる便利なアイテムです。また、クレートタイプは、取り外しができるものや天面が開くタイプがあり、怖がりの猫の病院での扱いが楽になります。上部をキャリーから取り外せば、そのまま診察できます。 天面ドアタイプのキャリーも猫の出し入れが簡単です。

どのようなキャリーを選ぶにせよ、ねこちゃんに合うサイズのものを選びましょう。キャリーケースを選ぶポイントは以下の3つです。 

  • スペースが十分にあって、ねこちゃんが自然に立てること、くるっと回れること。
  • 長旅のときには、ごはんと水の器を備え付けられるもの。
  • 大きすぎてねこちゃんが居心地の悪さや不安を感じたりしないもの。

よいキャリーを見つけたら、お出かけに連れて行く前に、まずキャリーへの出入りに慣れさせます。初めは短いお出かけにして、だんだんと長旅に慣れてもらいましょう。ねこちゃんはすぐに旅の素晴らしいお供になってくれることでしょう。