大切な家族だから、 体にいいものを食べさせたい。®

愛犬とドライブするときに注意すること

旅行の準備を終え、車に荷物も詰め終わり、シートベルトを締めて、いざ出発!という旅行前のうきうき気分の中、ふと後部座席に座る愛犬が鳴き始めました。愛犬にとって、車の中はとても退屈で窮屈です。また、車に全く慣れていないと、体調も崩してしまうこともあります。そうならないために、どんな準備が必要なのか見ていきましょう。

愛犬はカゴやケージの中に

自分のお子さんを車に乗せるときに「シートベルトを締めなくてもいい」とは思いませんよね。ドライブを安全にするための準備が必要なのは、愛犬も同じです。リードやカゴやケージがあれば、愛犬を安心して車に乗せておけます。カゴを選ぶときは、愛犬が立ったり座ったり、あるは寝たりもできるものを選びましょう。人間と同じように、愛犬もずっと同じ体勢でいるのは辛いものです。

窓の外に顔を出させない

ドライブ中に、窓の外に顔を出すのは非常に危険です。外に飛び出してしまうかもしれませんし、飛んできたゴミなどが愛犬の目に当たってしまうかもしれません。窓が開いていると、犬は顔を出したくなってしまうので、ドライブ中、車の窓は閉めるようにしておきましょう。

愛犬を車の中でひとりぼっちにしない 

どんな時でも愛犬を車の中に取り残してはいけません。人がいない間に車の中が高温になってしまうことがあるかも……。そうならないために、もし人が車の外に出ることがあれば、愛犬も一緒に外に出してあげましょう。

愛犬の乗り物酔い対策

犬も人と同様、乗り物酔いをしてしまうことがあります。嘔吐する、大量のよだれが出るなどが症状です。頻繁にあくびをする、震えるなどが乗り物酔いの前兆なので、気をつけて様子を見てあげましょう。一度、車酔いをしてしまうと、その後クセになり、酔いやすくなるとも言われているので、車酔いをする前に、こまめに休憩をとる、閉めっきりにせず外の空気を適度に入れるなどの対策をします。犬にも酔い止めの薬があります。心配な方は、事前に動物病院で処方してもらってもいいかもしれません。

サービスエリアでのマナー

近年、ドッグランが併設されているサービスエリアが増えてきました。車の中で退屈していた愛犬をのびのび遊ばせてあげるためにも、マナーをしっかり守りましょう。休日は他のわんちゃんや子どもたちも多く、混み合っている場合もあります。ケンカになったり、万が一の事故につながらないよう周囲に気を配って未然に防ぎます。人が買い物に行く間、外で愛犬だけをつないで置いておくのはダメ。必ず人が一緒にいるよう心がけてください。

いかがだったでしょうか。せっかくの旅行を愛犬と一緒に楽しみたいですよね。 また、万が一旅先ではぐれたときのために、タグをつけておくと良いでしょう。もし、愛犬が一度も車で旅行したことがなければ、少しずつ慣れさせていくことが重要です。しっかり準備をすることで、あなたにとっても愛犬にとってもきっと楽しい旅行ができるはずですよ。良い旅を、愛犬と一緒に楽しんでください。