ブルーバッファロー 大切な家族だから、 体にいいものを食べさせたい。

犬や猫も風邪・インフルエンザにかかるの?

風邪やインフルエンザの季節になると、私たち人間はうつされないように万全の対策をとります。手洗いやうがいを頻繁に行ったり、マスクをしたり、咳をしている人に近づかないようにしたり。

犬や猫たちにとっては、ウイルスやばい菌に触れないようにするのは簡単ではありません。犬や猫も人間のように風邪をひいたり、インフルエンザにかかることがありますが、人間の風邪と犬や猫の風邪はウイルスの症状が異なるため、お互いに風邪をうつしたり、うつされたりすることはありません。

犬・猫は病原体(ウイルスやばい菌)のキャリアになる

ペットペアレンツが病気のときに、自宅の愛猫や愛犬を抱きしめたりすると、意図せずして犬や猫をばい菌のキャリアにしてしまうことがあります。

同居家族がペットを介して感染することがあるので注意が必要です

幸いにも、人間と動物の双方が罹患する感染症は多くはありません。 以下の動物感染症は人間にはうつりません。 

犬インフルエンザd

犬インフルエンザは伝染性ですが、人間にはうつりません。

犬インフルエンザの症状は人間のインフルエンザと似ており、咳、くしゃみ、鼻水、倦怠感などがあります。感染すると高熱(40~41℃)を発することもあります。  

ただし、感染しても症状が出ないこともあります。 居住地域で犬インフルエンザが発生し、他の犬との接することが多い場合には、獣医師にワクチン接種を相談しましょう。

症状はさまざまですが、中には致命的なものもあります。犬インフルエンザの徴候があったら、すぐに病院に連れて行きましょう。

 

 

 

 

c

風邪

愛犬・愛猫が風邪のような症状にかかったときは、よく休ませて、栄養と水をたっぷりあげることが最善の治療法です。水分摂取に、ウェットフードを活用するのも良いでしょう。風邪にかかると、猫は家の中の静かな場所に引っ込み、犬は伏せたまま、散歩にも行きたがらないことがあります。

風邪の場合、症状は自然におさまりますが、ジステンパーや犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)など、他の感染症の症状ではないことを動物病院で獣医師に確認してもらうのがよいでしょう。3日間風邪のような症状が改善しない場合、獣医師の診察を受けて、他のウイルス、感染症ではないことを確認してください。